アビリティ


アビリティ概要

  • 戦場に配置されたユニット、ヒストリーが持つ能力で、アクションアビリティ、フィールドアビリティ、トリガーアビリティの3種類に大別される。
  • カードが持つ能力を短いキーワードでまとめたキーワード能力がある。

アクションアビリティ

  • 決められたコストを支払うことで効果を発生する能力。
  • 「コスト:効果」の形式で書かれる。「:」の左側に書かれた起動コストを支払うことで、右側に書かれた効果が発生する。
  • コストには、ソウルの支払い、ワイプ状態にする、手札を捨てる、ユニット・ヒストリーの犠牲、ライフの支払いなどがある。またこれらのコストのうち複数が書かれている場合は、そのすべてを支払う必要がある。
  • 自身をワイプすることがコストに含まれる場合、ユニットに限り戦場に配置した次の自分のターンがくるまで使用することができない。
  • コストは即座に支払う必要があり、コストとしてユニット・ヒストリーを犠牲にした処理中において、割り込んでそのユニット・ヒストリーを対象に選択することはできないので注意(すでに捨て札置き場に送られているため)。またスタックに積まれている効果によって、破壊されそうな状態のユニット・ヒストリーは、まだ破壊されることが解決されていないのであれば、当然スタック解決前にコストとして犠牲にすることが可能である。

フィールドアビリティ


トリガーアビリティ

  • 特定の条件を満たすたびに自動的に効果が発生する能力。
  • 「~したとき、」「~されたとき、」「~与えたとき、」「~置かれたとき、」という一節から始まり、「条件、効果」と続く形で書かれる。
  • キーワード能力では『ハーベスト』『ソウルバースト』がこれに該当する。



  • 最終更新:2015-03-21 02:13:02

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード