リミテッドルール

リミテッドルールとは、対戦の為に予め自分で組んだデッキではなく
その場でブースターパックから取り出したカードのみで即興のデッキを作り対戦するルールである。
即興で作るという条件から、以下の共通ルールが適用される。
  1. デッキ枚数は40枚以上50枚以下の範囲内ならよい
  2. 同名カードであっても3枚を越えて使用してよい
  3. 上2項以外は構築デッキ戦(通常のルール)と同様である

ホビージャパンからラストクロニクルで遊べるルールとして2つ提唱されている。

シールド戦

各プレイヤーはその場でブースターパックを10パック開封し、でてきた90枚の中からデッキを作成します。
各勢力のカードが出る期待値はそれぞれ18枚程度となり、必然的に3色で運用することが求められます。
純粋なコストの重さだけではなく、要求される勢力コストの数なども重要になってきます。

ブースタードラフト戦

複数プレイヤーはそれぞれブースターパックを5パック6パック用意し、円陣のように並びます。
各プレイヤーは他人に見られないよう1パック開封し、その中から一枚を抜き残り、残ったカードを全て隣のプレイヤーに渡します。
1パック目のカードを選んでいる間は、1枚取るごとに左のプレイヤーに渡します。
2パック目のカードを選んでいる間は、1枚取るごとに右のプレイヤーに、
3パック目はまた左のプレイヤーに、と全てのプレイヤーが5パック分45枚6パック分54枚を選ぶまで繰り返します。
選んだ45枚54枚からデッキを作成し、対戦を行うのがブースタードラフトです。
選んだカードの組み合わせはもちろん、譲り渡したカードがどう使われるかも考えなければなりません。
相手や自分が何をするのか考える必要があるのでカード獲得の段階から熱い戦いが繰り広げられるルールです。
※5パックブースタードラフトから、6パックブースタードラフトへ変更になりました。

  • 最終更新:2015-03-21 02:03:09

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード