天空編I


概要

  • ラストクロニクル 第7弾ブースターパック『天空編I』
  • 発売日:2015年3月27日
  • 価格:1パック9枚入り
  • カード種類:通常カード160種類+プレミアムカード160種類+クロノレア8種(パラレル)=計328種類
  • レアリティ:コモン60種 アンコモン40種 レア40種 スーパーレア20種 クロノレア8種

ストーリー

クロノグリフの新章に記された世界「レムリアナ」は、五つの大陸が空に浮き上がっている天空世界である。それぞれの大陸に勢力を構えるのは、聖砂の王国ティルダナ、緋樹の大高地メギオン、紫炎の皇国アズルファ、死と眠りの魔王国レーテ、霧氷の女王国ヘインドラ。各勢力は世界の精霊力と覇者の座をめぐり、互いに争い合っていた。
その戦いが数百年に及んだ時、伝説の天空神・セゴナが作り上げたと伝えられるこの世界に、いつしか本格的に衰えの兆しが現れはじめる。精霊力どころか、この天空世界を支える魂の浮力が弱まりつつあり、様々な影響が出はじめたのだ。このままでは五つの大陸全体が沈みはじめ、レムリアナの底にセゴナが配した「浄化の絶対聖域」に接触。大地やあらゆる命もろともに消滅してしまう。
この一大事に各勢力はこぞって、レムリアナのどこかにあるという「伝説の浮き島」探しに乗り出す。大いなる力をもたらす秘宝が隠されたその浮き島を見つければ、世界の覇者の座とその命運を一手に握ることができるという伝承を信じて……


収録カード

白-ティルダナ


橙-メギオン


紫-アズルファ


黒-レーテ


青-ヘインドラ


多色-マルチソウル


参加イラストレーター


  • 最終更新:2016-03-14 22:16:25

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード